自動車触媒

自動車触媒

 世界的な二酸化炭素(CO2)排出低減の流れの中、運輸部門においても大幅な削減が必要となります。特に注目されている電気自動車も、電力を化石燃料に依存している現状ではCO2低減につながらず、再生可能エネルギーへの大幅な転換が望まれています。一方、ディーゼル車は燃費に優れておりCO2低減に即効性があると言えます。しかしディーゼル車は、酸素過剰雰囲気で窒素酸化物(NOx)を還元するという難しい技術課題があり、尿素選択還元触媒やNOxトラップ触媒など大掛かりな後処理システムが必要な上、燃費ペナルティも大きくなっています。私たちの研究室ではよりシンプルな触媒システムを目指して、水素吸蔵合金を利用した全く新しい発想のNOx浄化触媒を研究しています。

自動車触媒1
自動車触媒2

 

スマートフォン用ページで見る